確実に気持ちいいであろうフェラチオ3(喉奥射精)

確実に気持ちいい喉奥発射

なんという喉奥射精…これは「確実に気持ちいいシリーズ」に入れましょうそうしましょう。

こんなビックコックがノッドオックでイッカサッレるなんて…
(こんなビックコックが喉奥でイカされるなんて…)

喉奥までくわえ込む見事なデープスロートいったいこの人の喉どうなってるの…
日本人に比べて外国人の方が男性器が柔らかいとされているので出来る芸道なのかも。

ちなみに語源は1972年に公開されたアメリカ合衆国のポルノ映画「ディープ・スロート」
内容は、喉の奥にクリトリスがあるという設定の女性が登場という狂気を帯びたもの。

たった25,000ドルの予算、6日で撮影されたこのハードコアポルノ映画が社会現象になるほど人気を博し、興行収入が6億ドル以上にもなった伝説を持っているんだ。

喉奥愛撫はそういう経緯を経て皆に根付いていたんだね、めでたしめでたし。

ちなみにこの映画を検証する「インサイド・ディープ・スロート」という映画が2004年に制作されているよ。

[動画は削除されました] 「確実に気持ちいいであろうフェラチオ3」の動画

喉奥で尺られ丸呑みされちゃった僕の…2