苦悶し溺れ死にする前に快楽肉棒を根本まで入れてもらった美熟女

北条麻妃がプールでフェラ水中花

どうも、電マナビでございます。さて、突然ですが問題です。「ホマキ」と言えば誰でしょう?

えっ?誰ですか?堀北真希なんておっしゃっている方は?北条麻妃ですよ、北条麻妃!!!

さて、本日ご紹介する作品はこちら「苦悶し溺れ死にする前に快楽肉棒を根本まで入れてもらった美熟女」でございます。

もうAV業界では森光子クラスの貫禄と風格すら漂う熟女モノ女優の代表格、北条麻妃さんでございますが、今回は「プールに沈められながらのセックス」というテーマに挑戦でございます。

正直な所、最初にパッケージを見た際に「さすがの北条麻妃とはいえ、プールに沈められるだけのカラミで110分も持たせることは出来ないだろう」と思っておりました。

ちなみにワタクシの経験上、この手の作品の96%は駄作でございまして、残りの3%は笑える作品で、あと1%はプールマニアが泣いて喜ぶ名作でございます。

では早速、作品を見てまいりましょう。

画面上ではいきなりメイキング映像のようなモノが流れて、全裸の北条麻妃さんが上になったり、横になったりと、ひたすらプールに沈められて苦しそうにする映像が延々と流れます。カラミは一切ございません。

まぁ、前半は見てるこっちが退屈で苦悶してしまうほどのシュールな場面のオンパレードでございます。

撮影中に行くはずのトイレ

撮影中にトイレに行きたくなったそうですが、案内された先は・・・。

土左衛門状態の北条麻妃

そう、案内された先は、なぜか風呂場で、しかもドザエモン状態・・・。

ホマキ先生。カラミが見たいです。」と三井君の気持ちがよく理解できた電マナビ18才の秋でございます。

このままでは電マナビのAVレビュー始まって以来の放送事故にもなりかねないこの衝撃作品。

夜中の三時に眠たい目をこすりながら苦悶して切り出した、その名も「水中花」というシーンをご覧下さい。

なるほど。水中で放出された精液を水中花に見立てたわけですね。・・・って

どうすんねん! このク〇作品っ!! 責任者でてこいやぁ!!! くぁwせdrftgyふじこl・・・ ピー ピー ガ ガ ガ ガッ・・・

※記事中に大変お見苦しい場面がございました事を心より訂正してお詫び申し上げます。オナホナビ管理人より

お約束ですので一応、貼っておきますけど、もうカンベンして下さい。ホントに・・・。