辻本りょう、ポルチオ暴走

ニゲラレルトオモウノカ?

どうも、AVレビュー界の暴走特急こと、電マナビでございます。

皆様にお届けするサンプル動画の質を少しでも上げようと、七年間連れ添ったPCに別れを告げて、Core i5搭載のマシンを新調してしまいました。

え?「中途半端だなぁ。Core i7買えよ!」ですって?理由は秘密でございます。(ヒント:サンハナにまたやられた)

さて、本日ご紹介いたします作品は、「辻本りょう、ポルチオ暴走」でございます。

作品の内容でございますが、SODが新開発した複合ポルチオシステム『ハイパーアクメマシン』で辻本りょう嬢をハードに責め上げる。と言うものでございまして、まぁ分かりやすく申し上げますと、「電流責めや吸引機による肥大責めが次々に襲い掛かって、さぁ大変。」とご理解いただければ結構かと存じます。

まずオープニングでは、辻本りょう嬢がこの『ハイパーアクメマシン』を使って責められている場面からスタートいたします。ベールに包まれた謎の複合ポルチオシステムをいきなりオープニングでご披露でございます。

ハイパーアクメマシンの操作盤

乳首と股間をカップで吸引

これは、水戸黄門で例えますと「由美かおるの入浴を覗いている悪代官に、格さんがいきなり印籠を突きつけて、即、土下座で番組終了」という大変なもったいない展開でございます。と、思っておりましたら、後ほどその理由が分かります。

実はこのシステム、車に積み込んで場所を移動するためには分解と組み立てが必要な、それはそれは大変大掛かりなシロモノでございまして、辻本りょう嬢がスタンバイを終えても、まだ組み立てが終わる気配がいっこうにございません。

仕方が無いので、カラミを始めて、サービスショットだ着エロだ、電マ責めだ・・・って関係ないことやりながら延々とカメラが回っておるのでございますが、開始してから1時間10分。やっと機械が完成したようです。・・・って、残り50分しか尺がございません・・・。

ハイパーアクメマシーン HAM-01

まぁ、機械も完成してご紹介できましたし、残り時間も適当にカラんでおりますので、本日のサンプル動画は無しっ!!! と言うことでレビュー終了でございます。

・・・って、新しいパソコン買ってエンコしたついでだからネッ! べ、別に見て欲しいワケじゃないからネッ!!

と、まぁサンプル動画のついでに、40過ぎたオッサンのツンデレ小芝居もお楽しみいただきましたが、いかがでございましたでしょうか?

酔っ払っておりますので、レビューはアレではございますが、作品自体はおすすめでございます。