君は半人半獣に犯される獣人輪姦を知っているか?+獣姦雑学

半人半獣に犯される獣人輪姦

世の中には大抵のものに愛好家がいる、あなたが望む望まないに関係なく…

心霊テレビのエンディングナレーションのような出だしで始まりますが、その通り、愛好家のいないものなどあるだろうか?いや、ない(反語) 獣姦でもなく獣人を犯すのでもなく、獣人に犯されるというもの。

普通に生きていたら一生お目に掛かることが無いかもしれない、そんなジャンル。

登場するのはライオン、ブタ、ウマの3人匹、君ならどれを選ぶ…
とは言え獣姦は古来から行われてきたもので葛飾北斎による「タコに責められる海女」も有名です。

ライオン、ブタ、馬の3獣人に犯される

そんなわけで獣姦についてもう少し詳しく。

歴史上、厳しく取り締まられたこともあるこの行為、本能的にダメだと感じる人が多いのでしょうか…とはいえ好きなものは好き!だと思うので、愛好家にはなかなか生きづらい世の中です。

特に宗教上で取り締まられていたこともあり、モーゼの十戒に次ぐ「契約の書」には「全て獣と寝る者は必ず死刑に処される」とあり、中世ヨーロッパなどでは魔女狩りとして処刑されていたようです。

ユダヤ律法について書かれている文学「ミシュナー」には「(ユダヤ人)は自分の所有する家畜を宿泊所に預けてはならない。なぜなら(異教徒が)獣姦する疑いがあるからである。」と記載されているほど一般的かつ嫌悪されていたことが伺えます。

ちなみに動物毎の特徴はこんな感じ。

■イヌ
陰茎のサイズが人間に近い。陰茎にはコブがついていて一度いれてしまうと20分から30分膣から抜けない。何回にも分けて射精する。精子の味も人間とは違う。ヒトの女性に対して発情するケースもある。

■ヤギ・ヒツジ
体の大きさ的に運動しやすくおとなしい。膣の形状が人間の女性に似ているためよく獣姦のターゲットにされる。

■ウマ
精液の量が非常に多い。陰茎は最大で成人男性の腕以上にもなるため死亡例も多く報告されている、大きいチンコを「ウマ並」と呼ぶのはこのため。

■ニワトリ
穴のサイズが人間に近く締まりが良い、比較的どこにでもいて手に入りやすい。一度の行為で死んでしまう。

■コイ(鯉)
フェラ用、餌と思い咥え込んでつついてくる。性器に挿入するわけではないので正確には「フェルチング」という行為。

ポピュラーなのはヒツジ、ニワトリ、コイらしいですね、ちなみに獣姦を英語では「ズーフィリア」と呼びます。
オナホールナビは勉強になるねぇ、頼もしいねぇ。

「君は半人半獣に犯される獣人輪姦を知っているか?」の動画を見る

獣人輪姦アクメ