A-ONEから「完全名器主義 甲斐ミハル/風見渚」が発売

「完全名器主義 甲斐ミハル/風見渚」のパッケージ画像

ラブボディシリーズでお馴染みのA-ONE(エーワン)からAV女優再現系の2重構造オナホールが発売。

最近は内部構造を少し変えて2タイプ出すのが流行っているのか、新作は大抵「痴女系/お嬢様系」の2つが同時発売が多いです。この「完全名器主義」もしかり、共に2009年デビューの名器女優「甲斐ミハル」と「風見渚」の2パターン、各¥1,280円。

名器の品格005」や「名器の品格006」に似た粘膜構造を採用していますが、メーカーが違うためもちろん同じ物ではなく、そこら辺は価格帯に比例といった感じ。

甲斐ミハルの外観画像 風見渚の外観画像
(左が甲斐ミハル、右が風見渚)

価格帯が一番反映されるのが肉厚感なので、こればかりは仕方ないものの内部構造はゆる系にはオススメ。

刺激的には甲斐ミハルの方が起伏を味わえ、風見渚はマッタリと絡みついてくるような感じで、個人的には風見渚の方が好み。挿入した上からローターとかを当てると強すぎない振動が良い感じに当たって気持ちよろし。

正直、女優の外観の好みもあったりしますが、そういう気持ち、大切だと思う。

挿入口と素材引き延ばし1 挿入口と素材引き延ばし2

小型ホール特有の挿入口の小ささ、これが一番小型ホールを薦めにくい理由。

安いので仕方ないものの必ずと言っていいほど挿入口に切れ目が入って裂けてくる、あとはどんどん切れ目が大きくなり締め付けも無くなり…燃えるゴミは月曜日。長期的に人気のある小型ホールは挿入口が上手く作ってある印象。

とは言え、どんなホールでも一番弱い部分なので自分の形に合ったものを探すしかないでしょう。

裏返して洗ったり指を突っ込んでの掃除しやすさ、など入り口のポイントは高いのに、何故か入り口だけやたら細く、キツくて締まっとけば良いだろ的なオナホールが多いので悲しいです。

甲斐ミハルの内部構造 風見渚の内部構造

肉薄の無次元ホールの難点は、構造上どうしても薄くなる箇所があるのでそこの刺激が弱く耐久性も悪いという点、射精には充分至れるものの無次元の魅力の半分程度しか出し切れていないのが残念ながら、それを差し引いても小型ホールでこれだけ無次元を再現できている点は評価。

安いので無次元入門に良いかも。

甲斐 ミハル(かい みはる、1984年6月29日生まれ)
出身:東京都。身長:170cm。スリーサイズ:B90(F)・W59・H88。 血液型:O型。趣味:料理、特技:セルフ潮吹き。2009年にAVデビュー、マークスジャパン所属。アナルまでこなす淫乱爆乳痴女。別名:片岡美雪
風見 渚(かざみ なぎさ、1989年4月5日生まれ)
身長:165cm。スリーサイズ:B85(D)・W58・H83。2009年にAVデビュー、ファイブプロモーション所属。2010年8月に新宿ニューアートでストリップデビュー。別名:新倉ゆか、ちあ

「完全名器主義」の詳細・口コミをNLSで見る

「完全名器主義」の詳細・口コミをNLSで見る