緊縛されたマゾ女が巨尻を震わせ何度もイカされる姿

緊縛ロウソク責めで悶絶

四つん這いで固定された超美形の女性が二穴を責められ嬉しさのあまり体を震わせてイキまくり。

体勢、顔、イキ方、と三拍子揃い個人的にはとてもお気に入り。

尻にロウソクを垂らされバイブを激しく前後に動かされながら優しい言葉責めで思いっきりイク姿は心の底から絶頂してるんだなと分かるソソる姿、やはり「優しく思いっきりイカせる」これが大切。

あと声が好みなのも大きなポイントかも。
「ワオーン!イグー、ヒョエー、ッア”ッァーーー、イエース! (゚∇^d) グッ!!」みたいなのだと萎えるし…

巨尻アングルで二穴責め

ロウソクを垂らされたり絶頂時にこの大きながブルブルを震えて波打つわけですが、この動きが嫌いな男がはたして世の中にいるだろうか?そういう意味では貧乳よりも貧尻の方が生きづらいかもしれません。

皆さんの周りにも貧乳好きが居るかもしれませんが、貧尻好きは?

世の中にはそういった体は細けりゃ細いほど、なんだったら木の棒にすら欲情するぜ俺は!なんて人もいるかもしれませんが大抵の男なら豊満な尻には惹かれるはず、理由は簡単、俺たちが男だからさ!

尻もデカイが腹もデカイ?それは断じて許さん!理由は簡単、俺たちが男だからさ!

緊縛絶頂シーン

古くはホッテントットと呼ばれ、現在ではコイコイ人(コイコイン)と呼ばれるアフリカ南部の原住民の集団においては、女性の尻が大きいことが美人の条件とされており、脂肪臀症(ステアトピギー)と呼ばれる特異な身体的特徴のため体を横から見ると尻が異様に突きだした形をしています。

その突き出しっぷりは凄く、子どもを背負った場合には足の踏み場になるほどで凄い人になると20cmほども盛り上がっているとか…凄すぎ。

コイコイ人の血を引いている黒人は、尻のラインも素晴らしくキュッと引き締まった大きな桃という感じ。
日本でも腰回りが大きいと「安産型」と呼ばれ昔から良いとされていますね。

つまり男は本能で尻フェチを感じているということさ!

動画を見る