治療に行ったはずがマッサージ師と結合してた件について

口を押さえて喘ぎ声を我慢

ひとたび診察台に上ればそこは施術者の王国(マッサージ師キングダム)なので若くてカワイイ女の子はやられたい放題、でもマッサージが気持ちいいのでされるがまま、声を押し殺して感じるのを耐えるしかない。

細身で貧乳ながらコリッとした勃起乳首がエロくて、こりゃマッサージ師もムラッとくるはず。

大手の診療所ならば女性客には女性の施術者、と合わせてくれる所も多いですが、個人診療所などは1人でやっている所も多いです。そんな所に若くて綺麗な女の子がやってきたら…。流石に強姦まがいのことは起きないと思いますが、触る手つきがいつもより積極的になることもあるのではないでしょうか。

診察台の上で手マン

「按摩(あんま)」と言えば盲目の人が多いというイメージがありますが、それはなぜでしょうか。

按摩は奈良時代から行われていましたが、当時の按摩師は目が見える人がほとんどでした。一度流行が廃れて再度ブームが訪れたのは江戸時代、その時の火付け役が杉山検校という盲人でした。杉山検校は寺院にて自身の流派を盲人に広め、弟子たちが杉山流と言われる按摩術を全国に広めたことが大きな理由です。

按摩は鍼灸術と共に行われていましたが、明治に入って近代医学が導入されると鍼灸が法律上禁止になってしまいます。そのために今まで「按摩+鍼灸」で食べていた人たちが大量に廃業に追いやられました。

そんな中で当時の盲人は「当道座」という組織を作っており、政府から色々な優遇をされていて、その中のひとつで按摩の資格が取りやすかったため、「按摩=盲目の人」というイメージがついてしまったようです。

かつては「あんま」という言葉が視覚障害者の盲人を指す際に使われることがあったので、実は現在では放送禁止用語扱いされていて、看板などの表記も「マッサージ」に統一されているようです(厳密には按摩とマッサージは、やり方や用いる道具が違います)

と、いうわけでマッサージ師の歴史上にエロ話はありませんでしたね!!(怒り)

部活少女専門マッサージ治療院

▼ オナホのセット販売は値段が抑えられるのと趣向も広がるからかなりオススメ

断然おトクなセット販売!