【管野しずか】拘束テカテカ3点責めで美しい痙攣とアクメ

下半身3点責めで強制絶頂

女性がイク時に無言+真顔だったら世の中の勢力図は大きく塗り替えられていたことでしょう。

異性が感じる姿、そして絶頂シーンというのは本能レベルで興奮するようになっているのです。つまり下半身3点責めでイカせまくられる“管野しずか”は本能レベルで興奮するということ。

「イク…イクッ!イクッ!イクーッ!」の連続で体を仰け反らせながらビクンビクン痙攣する姿はアート。
ローションやオイルでテカテカになった体はなぜこんなにもエロスを感じるのでしょうか。

電マの二穴でイキまくる管野しずか

管野しずかは肉体も精神もズバ抜けて強い、そしてAVにかける強い信念のようなものを感じます。その意識が出演するビデオの質を上げ、結果的に多くの人に支持される女優になっていると思います。

Twitterに個性丸出しのポストをするなど飾らないオープンな一面も人気の秘密でしょう。

ただ開けっぴろげなだけではなく、1人のアクターとしてプライドを持ち作品作りに参加している所にも好感が持てますね。個人的な意見ながら、この業界で生きていくならゆくゆくは“峰なゆか”のような「ライター」としての立ち位置が似合うんじゃないかなと。

彼女のブログより

さてさて、この度なんと!
以前発売された作品が海外配信版としてインターネット上で販売されております。
わたしの全く知らないうちに。
久しぶりに「そんなこと聞いてないんだけど」と我が儘アイドル並みに不貞腐れてみました(というのは冗談でして、実際には一人枕を濡らし夜明けを迎えた程度であります)。

わたしはモザイクありきで性を表現する方法をずっと考えて身につけてきたのです。
モザイク越しにも少しでも伝わるようにマニキュアを塗って派手な指使いにしたり、性器以外でも見せられるエロさとして舌の動かしかたや視線を工夫したり。
わたしにとっては、モザイクがありフェイクがあり演技があって、そこから如何にエロを表現しようか、むしろそれらによってよりエロく感じさせられるものがあるのではないかなどと策を巡らせることが、この仕事をする上での唯一のプライドでもありました。

引用元:http://blog.livedoor.jp/kannoshizuka/archives/65804403.html

管野しずか自身がエロさを表現しようと全力をだして魅せているアクメはやはりアート。

それにしてもこのDVDのタイトル正式名称が「アーマード・エンジェル 狂い哭く武装女兵士 女体秘奥炎上パニック 淫フェルノ-X EPISODE-01 プロトタイプSHIZUKA撃沈の巻」で長すぎて困る…

アーマード・エンジェル 狂い哭く武装女兵士 女体秘奥炎上パニック 淫フェルノ-X EPISODE-01 プロトタイプSHIZUKA撃沈の巻

カリビアンコム