【大魔王】リリス・ウテルス【オリジナルオナホ】

リリス・ウテルス3種の硬さ

発売後も売り切れ続出な大魔王オリジナルオナホール。

自社工場プロジェクト第6弾となる今作では「3タイプ×3硬度」の全9種が登場。ゆる系好きなら一度は試してみたい素材と、とんでもなく壊れにくい超耐久が売りのオススメオナホ。

大ヒットになった前作の「ヴィーナスシリーズ」と同じ素材を使った一見後継ホールのような位置づけですが、実際には「低価格化」「エアドールへの装着を想定」というコンセプトになっています。

「レギュラーハード」「レギュラー」「ソフト」の3種類の硬さ別で売っているため、初めて買う人はどれにすればいいか悩むと思いますのでレギュラー、もしくはソフトを選ぶといいでしょう。

一番人気のソフト素材は刺激系に慣れているとイクことが出来ないほどの優しい刺激。粘りの少ないローションと合わせて使うことで得られる最高の射精感が人気の秘密。

レギュラー素材は一般的なオナホールよりは柔らか目の硬さ、ハードは一部のマニア向けの硬さなので気になる人はリンク先のページの動画にて確認してみてください。

リリス・ウテルスの挿入口 リリス・ウテルスの子宮口

今回紹介する「リリス・ウテルス(Lilith Uterus)」はウテルス(子宮)の名が示す通り、ホール最奥に子宮口なる空洞が備わった造りになっているのが特徴です。

内部構造は有機ヒダという大魔王オリジナルの加工方法を採用しており、かなりリアルな挿入感を感じることができます。このヒダは使い込むごとに馴染んで絡みつくようになるので使えば使うほど気持ちよくなってきます。

オナホールを使ったことがある人からすると正直なところ「オナホは壊れやすい」という印象だと思いますが、大魔王素材はとにかく壊れにくい、1週間裏返し放置しても壊れないなどのテストを行っている素材なので使い込むごとに馴染む特徴と相性抜群。

リリス・ウテルスの断面図

断面図を見ると何が特徴なのか一目瞭然。

見てるだけでワクワクしますがソフト素材の場合はローションをかなり薄くしないと子宮口を感じることができないほど素材が柔らかく、ここは評価が分かれる所。最奥までの構造はヴィーナスシリーズで鍛え上げられた信頼の気持ちよさです。

ヴィーナスは¥4,800円(重さ660g)でしたが、リリスは¥2,780円(重さ360g)と初めて買うには手が届きやすい価格になったのも嬉しいです。軽くなった分の肉厚で包み込まれる感は減りましたがエアドールに装着できるメリットを考えると甲乙付けがたいですね。

興味が湧いた人はまずリリスを買い、気に入ったらヴィーナスに手を出すというのがお勧め出来る買い方でしょうか。

ウテルス以外にも内部構造の違う以下の2種が同時発売されています。

リリス・スパイラルドッツ(Lilith Spiral-dots)
リリス・スパイラルウェーブ(Lilith Spiral-wave)

どの種類・素材も発売と同時に売り切れが続出する状態な上、ショップオリジナルなので大魔王のサイトでしか買えないので入手は難しいので、もし売っているのを見つけたらそれは運命なのかもしれませんね。

ソフト素材に合わせるなら同サイトで売っている「SILKY LUBE(シルキーリューブ)」というローションがオススメです。

リリス・ウテルスの詳細・クチコミを見る