【EXE/エグゼ】肉厚オナホ JULIA+【峰不二子】

オナホール「JULIA+」

まるでアニメから飛び出してきたようなパーフェクトボディを持つ“JULIA”を再現したオナホール「JULIA+」が登場。

この女体を模したオナホ外観は一見の価値あり!この造りなら視覚と触覚によるダブルの興奮を感じられることは間違い無いでしょう。そしてこの造りで¥3,500円以下なのも嬉しい、他社メーカーなら¥5,000円近くするでしょう。

AV女優とのコラボオナホールという他社とは一線を画す企画で知名度を上げてきたメーカー「EXE」。このメーカーの初期は人気AV女優のネームバリューを使っただけの微妙ホールを量産していましたが、やっと技術が追いついてきた感じです。

名器の証明」を意識して作っているのが伝わってくる内部構造ですが、この外観はオリジナルでよくできています。「S女(トイズハート)」というオナホールに似たコンセプトですが、完成度は断然こちらが高く、値段もそう変わりません。

外観・外寸画像 JULIA+の外観詳細

700グラム近くあるボディはハンドホールとしてはギリギリのライン。

据え置きで使うことも出来るレベルではありますが充分に手で持てる重さです、これが重すぎるようなら筋力無さ過ぎなのでオナニーする前に筋トレした方がいいかもしれません、さようなら。

湾曲したワインディング加工の穴にイボとヒダを細かく敷き詰めた内部構造は、女性器をコピーしたような無次元構造とは違いますが射精するために何が必要なのかを考えられた秀逸な造りになっています。JULIAの人気と相まってこれはヒットするでしょうね。

女体を模ったリアルな外観のJULIA+ 断面図と挿入口拡大図

挿入口の直後に「ローション漏れ防止ゾーン」を付けてくれているのは素直に嬉しい。特にユル系のオナホールは長時間オナニーになることも多く、ローションを何度も追加するも1/3〜半分くらいは玉の方に垂れてたりするのでエコじゃないですし。オナニーするならエコニーにしよう。

素材感は若干の油っぽさがありますがムチムチとした感触なので、オッパイを揉むもよし、肉厚ホールの包み込みを体験するもよし。

挿入するだけで射精感がこみ上げてくる造りではないですが、ゆっくり味わって興奮を高めた後に爆乳JULIAに大量中出しできる、ある意味「脳内想像とコラボするオナホール」と言えます。2012年に発売された中で最高の見た目を持つ「ベストルックオナホール」になりそうな予感。

JULIAが好きな人はまずチェックしてみるべきでしょう。
肉体と精神がリンクした状態での射精を味わってみろ!

プロフィール:JULIA(じゅりあ、1978年5月25日生まれ)。身長:158cm。スリーサイズ:B101・W55・H84cm(Jカップ)。血液型:AB型。趣味:読書。特技:猫に懐かれる事。2010年4月にAVデビュー。2011年7月以降にリリースが途絶え一時引退状態にあったが、2012年2月1日リリースの『復活 JULIA』よりAV復活。

AV史上最高のエロボディがオナホールになった

圧倒的な体つきと34歳というリアルな年齢で彼女のファンはかなり多いはず。

峰不二子のスリーサイズが「B99.9・W55.5・H88.8cm」、JULIAが「B101・W55・H84cm」、見ての通り限りなく峰不二子に近い体型だということがお分かりいただけるでしょう。まさにアニメから抜け出てきた超スタイル!

ここまでのスタイルだと当然のように豊胸疑惑も出るわけです。真実は本人のみぞ知るわけですが、乳輪の大きさと垂れ具合、そして揺れ具合、これらを総合して天然オッパイ、もしくは元々爆乳でそこからボリュームアップさせたと言われているようです。

どちらの場合にしても共通して言われている事は「これだけ柔らかくて形も良くてエロかったら本物でも偽物でも良いよね!」という実に性欲に忠実な意見。確かにかなり自然ですしパイズリ時も柔らかさが伝わってくる、エロけりゃ何でも良い、細けぇこたぁいいんだよ!

と、言うことで彼女を知る人はもちろんのこと、知らなかった人もこれを機に是非チェックしてみるべし!

「JULIA+」の詳細・口コミを見る

▼ とりあえずベスト版を押さえておけばよろし

JULIA SPECIAL BEST 8時間