ブラジル一の美尻を決めるミスブンブンコンテスト2012

ブンブン美尻コンテスト2012

ブラジル女性の尻は大きさと形が最も素晴らしいと言われています。

そんなブラジル女性の中で最も優れた美尻を決めるコンテスト「ミス・ブンブン・ブラジル 2012(Miss BumBum Brazil 2012)」が開催されました。27人の出場者がインターネット投票で15人に絞られ、11月にサンパウロで行われる最終選考会で優勝者を決めるようです。

顔じゃないんだよ!世の中は尻なんだよ尻!という人種は多いです。特に南米を中心にデカけりゃデカいほどセクシー、という考えが根付いている国も多く、日本では珍しいですがお尻にシリコンを入れて豊胸ならぬ豊尻をおこなう女性も多いんだとか。

素晴らしく整った形を見ると「圧倒的…圧倒的人種の違い…」という現実をまざまざと見せつけられてしまうわけです。

でもね、日本人の安産型の柔らかい尻も良いんだよ…(しみじみ)

そんなミスブンブンコンテストの2012年の参加者はこんな感じ。

ミスブンブンコンテスト2012 参加者一覧その1 ミスブンブンコンテスト2012 参加者一覧その2

巨尻の大会ではないので当然ですが「ただただデカい」みたいな人はいません。

まぁ彼らの国では巨尻となると同時に「BBW(Big Beautiful Woman)」という属性も付いてきます。これは、読んで字のごとくですが、デカい…俗に言うデブフェチというジャンルに属するわけですね。パーツフェチをBBWに求めると、胸囲150cm以上!しかし相撲取り、といった確かにデカいけれど…という感じになってしまうわけです。

以下のような感じのマグロ物産系のデカ尻を求めている人には、このコンテストは実に小粒だと感じるでしょう。タイプの違う同じ部位を見た時にその人間の本能が浮き彫りになる、素直な自分と向き合うことでしか苦しみから逃れる術はないのです。

マグロ物産 - 藤木静子の巨尻 マグロ物産 - 桜井遥の巨尻

「美」と「巨」をこうやって並べてみると、全く別物の様に感じます。

美尻が研ぎ澄まされた技で相手を翻弄するスピードタイプだとすると、巨尻は圧倒的な攻撃力と防御力で相手を粉砕するパワータイプです。大抵はスピードタイプが序盤に連続攻撃を決めるものの、砂埃が晴れて相手を見るとパワータイプにはほとんどダメージ無し、それでも攻め続けるが一瞬の隙を突かれ大きな一撃を喰らい、そしてやられる。

その後に「もうここまでか…」という所で仲間の力が集まってきたりして、スピードタイプが更に加速、しかも攻撃力までアップして最後にはパワータイプを倒すという…王道…実に王道…

閑話休題、去年開催されたブンブンコンテスト2011の様子はこんな感じ。

「bum-bum(ブンブン)」という言葉は英語の俗語で「尻、けつ」という意味なわけですが、言わなくてもなんとなく気付きますね。

でも「boom(ブーンという重低音の響きを表す擬音語)」とは意味が全く違うので、皆さんには実在するアーティスト「ブンブンサテライツ(BOOM BOOM SATELLITES)」を見て「尻だ!尻だ!」などと叫んでしまう失態は犯さないようにしていただきたいです。

ミス・ブンブン・ブラジル公式サイト(英語)

▼ マグロ物産はダウンロード販売していないのでDVDを通販で買いましょう

黒人並みの脅威の腰肉付き!豊満巨尻看護婦さん

ムッチムチ爆乳女将の混浴肉欲旅館の痴宴