【柊かえで】真っ赤な唇の痴女2人がダブルフェラ【桐谷あや】

桐谷あや&柊かえでのダブルフェラ

真っ赤な口紅をひいた女性は一段と攻撃的に見えます。

つまり痴女とも相性は抜群、“柊かえで”と“桐谷あや”の2人が下品に見えるほどハッキリと塗られたルージュを見せつけるようにダブルフェラチオ、これはフェラチオを見るものじゃない、口と唇フェチに向けられたものだったんだ!

結論:唇が厚いとエロくならざるをえない!

“井上 和香”をエロい目線で見るなと言われてもそれは無理なように、性を感じさせる重要なパーツであることは間違いないようです。唇へのシリコン注射なで「ぷっくり唇」になりたいという女性も多いようですし、美容整形は魔法…なのか!?

しかし厚けりゃいいってもんじゃない、下品だからと薄い唇を好む層もまた多いのも事実。

真っ赤な唇でフェラチオ

桐谷あや(右側)の唇、赤色が映え過ぎィ!

元来、赤という色は魔除けとして使われていて、赤い口紅も魔除けの意味で使われていました。その歴史は約7万年前のエジプト時代にまでさかのり、悪魔などが口や耳などの穴から進入してこないように赤色のものを塗る習慣があったようです。最古の口紅や壁画は共にエジプトで見つかっているとされています。

現代社会での口紅は主に「ファッション(セックスアピール含む)」「紫外線防止」「乾燥防止」の3つになっている事は、想像に易いでしょう。特に男性が気付きにくいのが2番目と3番目の理由、女性はそうやって肌荒れやシミ・そばかす等と戦っているのです。そんな口紅の中でも真っ赤なものは肌を白く見せる効果もあるので、印象が全く違って見えるようになります。

テレビや雑誌などで、真っ赤な唇をしているモデルなどを見かけることはあっても、実生活ではパーティでも無ければそんな人は見かけません。でもね、そんな唇にしゃぶられたいと強く思う男たちがいてもいいじゃないか、その欲望を満たすには自作AVしか残されてないとしても。

しかし変態大国と呼ばれる日本には有る…どんなフェチにも対応できる…!
さぁ注文を聞こうか。

プロフィール:柊かえで(ひいらぎかえで)。身長:153cm。スリーサイズ:B:83 W:60 H:85(Cカップ)。フェラ物・熟女物への参加が多く、そのほとんどが複数女優やオムニバスでの参加。正式なプロフィール発表などもなく謎に包まれている。
プロフィール:桐谷あや(きりやあや)。身長:165cm。スリーサイズ: B80 W58 H83。血液型:O型。趣味:音楽鑑賞。ぷっくりとしたエロ唇に定評あり。別名「森永さや」としても活動している。

極エロ生尺顔

箱詰め娘 ロリホール