【青木由宇】ロリ美少女が電マで何度もエビ反り絶頂【痙攣】

青木由宇が電マ責めされるシーン

ロリ美少女が絶頂するというシチュエーションは何とも背徳的。

痙攣具合も素晴らしいですが、鳴き声(喘ぎ声)もまた良い。少女っぽさがよく出ている高い声と、細かく切れ切れになる呼吸、色々とレベルが高い電マ責めになっています。

必ずしも少女っぽい声が良いわけではなく、「極道の女を責める」みたいなシチュエーションなら逆にハスキーボイスの方がしっくりとくるので、何事も適材適所。責め系は特に喘ぎ声とイク時の声が重要なのであります。

これだけの逸材である“青木由宇”ですが、ほとんど素性は分からず出演作品もほとんどないという、もしかすると本当にそこら辺にいる普通の美少女がこんな撮影するハメになったんじゃないの的なものを感じていますね。そういうシチュエーションを連想するとより興奮度も高まるでしょう。

背中を反りながら絶頂する青木由宇

感じている時の痙攣の素晴らしさに加え、ギュッとシーツを掴む動きや、イク時に背中をエビ反りの様に仰け反らした体勢になるなどのスバラシイポイントを的確に押さえています。

長時間の電マ責めを経て最終的にセックスになるわけですが、挿入されながらの電マ責めは刺激が強すぎるのか可愛い声で喘ぎながら電マ責めを止めて欲しいと訴えかけてきます、それもまた可愛い。そして全てが終わった後は放心状態で宙を見つめながら腹筋辺りがビクビクと痙攣。

出演作品がほとんど無いにも関わらず、痙攣イキフェチの間では人気があるようで、ビデオが発売されたのは2008年という時期にも関わらず、いまだに話題に上ることも多いと聞きます。

それにしても美少女と貧乳がコラボすると相乗効果が凄い!

プロフィール:青木由宇(あおきゆう)、その他詳しい情報なし

Fairy Doll 発情狂少女 青木由宇

▼ ロリ体系のエアドールを使えば背徳感は2倍以上

ラブボディAki