【みずなれい】デブ男と華奢な少女の体格差セックス

巨漢と正常位中の“みずなれい”

君は圧倒的な体格差から生まれるエロスを知っているか?

まるでパースが狂ってしまったかのようなバランスの悪さ、華奢な女の子がとんでもなく弱々しく見える体格差のあるセックス。体の大きさが違うだけで犯罪的な匂いまで感じてしまう、人間の想像力とは一体…

デブ男と言っても実はこういう熊みたいな体型が好きという女性は結構いたりします。顔の好みは別として、熊みたいな体型が好きだったり、ただ柔らかければOK!と言うようにどんなタイプでは需要はあるんですね。

あと、こういう「圧倒的体格差を用いて犯されたい」という(あくまでオナニーのための)願望を持つ女性も多いです。気持ち悪いデブオッサンに命令される妄想をオカズにオナニーに励みビクンビクンと腰を震わせて……何がビクンビクンじゃ!

体格差が凄すぎて男の背中しか見えない

全体的にカメラが寄ってる、むしろ寄りすぎて男の肉しか見えないこともある、さらには女の胸より男の腹の方が揺れてる、こうなってくると何が正しいのか分からない。自分は何に興奮しているのか、何が真実なのか…

女性が太りすぎていて性器サイズによっては挿入できない話はたまに聞きますが、男が太りすぎていても肉が邪魔になったり動きが重戦車みたいになったりと大変そうです。巨漢同士だとセックスというより「肉と肉をぶつけて終わり」みたいな感じになりそう。

それにしても“みずなれい”は女子高生ルックが似合いますね、紺ソックスを履いたままでの教室プレイが非常に映える。学生時代に同級生のこんな姿を見てしまったら確実にその後の性癖とオナニーネタが決定してしまうでしょう。

もっと体格差セックスのフェチを捉えた作品を出してもらいたいところ。

プロフィール:みづな れい(1987年5月20日生まれ)、東京都出身。血液型:AB型。身長:153cm。スリーサイズ:82-57-86cm(Cカップ)。靴のサイズ:23.5cm。趣味:読書(村上春樹)、音楽鑑賞(ロック)、ゲーム。特技:編み物、飲酒。2008年7月にアリスJAPANよりデビュー。名前の由来は「野菜の水菜」+「綾波レイ」。

デブ専マドンナ

こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所