青空小夏のノーハンドフェラでまさかの抜かずの3連続口内発射

青空小夏のノーハンドフェラ

手を使うフェラはフェラにあらず派(原理主義派)の皆さま、こんにちは。

笑顔が可愛い“青空小夏(あおぞらこなつ)”ちゃんに完璧なノーハンドフェラチオをされ、同じ男が3連続で口内発射、更には精子ゴックンまでしてくれるという原理主義派が思わず小躍りしてしまうような内容です。

「手コキ+フェラ」も良いものではある…が、認めない派の意見も分かるのがツライところ。

確かに手を使いすぎると、ほとんど手コキで裏スジを軽く舐めているだけ、さらにそれが進むとほとんど尿道や裏スジに唇を当てているだけというスラムダンクなら確実に「唇は添えるだけ」と表現されるような状態が許せないという意見、わかります。

しかしどの程度の刺激で射精まで辿り着くかは人それぞれ、回復までにかかる時間も人それぞれ、この動画の男のように抜かずの3発が可能な男もいれば、ほとんど手で扱きながらのフェラで1発だして次の日まで射精不可能という男もいるのです…

でもこんなに何回もイケたら、今までは「もったいないから大切に育ててイこう」みたいな気持ちが「GO!GO!イキたくなったらどんどんイケー!」というレベルにまで、言うなれば生き方すらも変えてしまうのでは?

ノーハンド仁王立ち玉舐めをする青空小夏

「抜かずの○発」とは古来より言い伝えられている精力の強さ、もしくはオカズとしての優秀さを表す表現として使われている言葉、「抜かずの2発なんて凄い精力」「この尻なら抜かずの3発はいける」といった使い方で相手への賛辞に使われています。

口内発射も3連射ですが、オカズ性能を考えても青空小夏の微妙な垢抜けなさ、田舎娘っぽさは「抜かずの○発」と表してもいいくらいツボになる人もいるのではないでしょうか?私です。

あぁ、なんかこんな幼馴染みがいたらいいな、みたいな…

小中高と同じ学校に通ってさ、「わたしには夢があるの、だから東京の大学で勉強するんだ☆」とか将来の事とかしっかり考えてて可愛いんだよね、こっちは本気で惚れてるけど兄弟みたいに育ってきたからそんな雰囲気にもならずさ、「大学がんばれよーww」とか言って送り出したんだよね。

それでも時々メールとかで近況報告してて、1年経ち、2年経ち、しだいに連絡もしなくなって…

連絡が途絶えてから2年くらいかな、そろそろ卒業するかなと思って勇気を出して連絡してみたんだよ、そしたらさ、在学中に飲み会サークルの先輩と恋仲になって、さらには在学中に妊娠までしちゃってて今は…みたいな鬱エンドやめてください!!

青空小夏の画像1 セーラー服 青空小夏 画像2 青空小夏 画像3

実はもの凄いロリ顔爆乳だったりして。

ヨコフェラ! 2 / 映天