NIKU-MAN [にくまん] 2200

マイリストに登録 Twitterでシェア

オナホデータ

名前 NIKU-MAN [にくまん] 2200
メーカー G PROJECT
特徴 据え置きホール , 貫通型 , ヒダ構造 , イボ構造 , 二穴
シリーズ NIKU-MAN (2)
サイズ 全長 21cm / 重量 2kg
素材 momochi
付属品 GPROJECT×ペペローション5ml、お掃除棒、保管ケース
発売時期 2017年6月30日
参考価格 7,720円
話題性
評価
5.0

メーカー公式紹介

超重量2,200g!
ふんわりとろける生肉バキューム構造の超リアル仕様!

【ぷにぷに高弾力】×【ふわふわSOFT】
ふたつの素材を合体させて手前と奥で異なる快感!
据え置きでも手持ちでも使い方無限大!

トロトロ前穴とギチギチ後ろ穴の2穴仕様で贅沢なハメ比べが可能です!
前穴は無限肉イボの超絶バキューム構造!後ろ穴はギチギチ締め付け感MAXの超極細ロード!

直接肌に触れるものだから安心の国産素材&国内生産

クチコミ・感想 (1件)

気持ちよさ 超気持ちいい
刺激 普通
柔らかさ 柔らかい
締め付け 緩い
匂い 気にならない
油っぽさ 普通
メンテナンス 手間がかかる

ハンドホールだったNIKU-MAN [にくまん]の大型版。
入り口付近は柔らかく、奥を堅くすることで気持ちよさよりも持ちやすいのが良いです。
大型ホールらしく二穴になってますがメインは膣穴。バキュームで吸いついて全方向からイボが擦ってくるのが単純に気持ちです。バキュームを効かせないと吸い付きが減って平坦に感じられるので空気は全部抜いた方がいいです。
イボ自体は優しい刺激なので射精感がかなり開放的、奥にブチ撒ける感じで思いっきり出せます。

一方、アナルの方はうって変わってキツい使用感です。
入り口の締め付けが強いのと単純に穴が狭いです。前の穴が好きな人には合わないかもですが、前後の二穴とも使用感が変わらないホールも多い中で差別化するという意味では成功してるのかもしれませんが。個人的にはこの差別化は評価したいです。

コンセプトはゆるいのが好きな人向けですが、アナルのキツさが対象の幅を広げているので、誰が使ってもそこまで悪い評価にはならないんじゃないかと思います。「とにかく緩いのが良い!」のような尖ったオナホではないものの、固さを変えたことで表現が豊かになった、そういう意味で完成度が高いと言えます。

取扱ショップ

販売価格はショップ毎に異なるため、詳しくは各取扱ショップを確認ください。

NIKU-MANシリーズ(2種類)

  NIKU-MAN [にくまん] NIKU-MAN [にくまん] 2200
名前 NIKU-MAN [にくまん] NIKU-MAN [にくまん] 2200
全長 14cm 21cm
重量 380g 2200g
特長
中型ホール 非貫通型 イボ構造
据え置きホール 貫通型 ヒダ構造 イボ構造 二穴
価格 2,680円 7,720円
発売 2016年5月 2017年6月
話題
評価
5.0
続きを見る
最近見たオナホの履歴
ページトップへ戻る
戻る