東京名器物語

マイリストに登録 Twitterでシェア

オナホデータ

名前 東京名器物語
読み方 トウキョウメイキモノガタリ
メーカー Kiss me Love
特徴 中型ホール , 非貫通型 , ヒダ構造
シリーズ 東京名器物語 (7)
サイズ 全長 15.5cm / 重量 320g
穴の長さ 11.5cm
発売時期 1990年
参考価格 2,080円
話題性
評価
2.0

メーカー公式紹介

販売総数50万個達成!
90年代中期に発売され今でも売れ続ける伝説のオナホール、『東京名器物語』!

非の打ち所の無いフォルムは美術工芸品の様な品位と風格。
そして究極の素材を使用した、非貫通型オナホールの王者として、10年近くの歳月を経た現在でも支持率NO1の座に君臨しています。

「東名」の愛称で発売当初から根強い人気で弊社の看板商品として活躍している東京名器物語!

これまで何百種類のオナホールが登場してきたが、未だファンの心を掴んで離さない!正にキングオブオナホールであることは間違いなさそうだ。

東京名器物語の素材の特徴であるねっとり感のある細ヒダ構造が 他のオナホールには再現できない極上の快感を生み出している。

空気を抜き、挿入すれば絶妙な吸引力があり、 搾り取る感覚が堪らない。ローションとの相性も良く、ホンモノより気持ちいいオナホールです!

2010年には販売総数50万個達成し、記念動画やマスコットキャラクターなどを作成しました。

インターネットのオナホール人気投票では、常に支持率NO1になる、超人気オナホールです。
キング・オブ・オナホールといってもよいでしょう。
一般に「東名」という愛称で親しまれています。

紹介動画

クチコミ・感想 (1件)

気持ちよさ そこそこ
刺激 普通
柔らかさ 普通
締め付け 強め
匂い 臭い
油っぽさ ベタベタ
メンテナンス 簡単にできる
耐久性 壊れやすい

レビュー1発目ってことで昔使ったオナホから。
初めて使った15年前に初めて使った時は、自分の手淫とは比べものにならない刺激に腰が抜けそうな刺激に感動。
そこからオナホに人生を捧げることになるとは…

「東名」の名で時代を築いたとはいえ、素材や加工技術は最新のものには逆立ちしても勝てません。
今使うと油分も多くて微妙ですが、あえて言うなら「そこまで美味くはないけど嫌いにはなれない実家のご飯」みたいな存在。高級レストランも良いけど、古くさい手法で作った昔ながらの素朴な刺激、そんな想いを巡らしながら使いたい。

昔は皆がこれでオナニーしていた。
無次元?スパイラル?そんなものは無い!あるのは純粋なヒダのみ!ユル系とかそんな言葉も無い時代、人はシンプルな蛇腹でちんちんに刺激を与えていた。そんな歴史を感じたいなら是非。

取扱ショップ

販売価格はショップ毎に異なるため、詳しくは各取扱ショップを確認ください。

東京名器物語シリーズ(7種類)

  東京名器物語 東京名器物語2 東京名器物語 インフィニティー 東京名器物語 レジェンド 東京名器物語 ダブルエクスタシー 東京名器物語ミニ
名前 東京名器物語 東京名器物語2 東京名器物語 インフィニティー 東京名器物語 レジェンド 東京名器物語 ダブルエクスタシー 東京名器物語ミニ
全長 15.5cm 15cm 14cm 14.5cm 16cm 9.2cm
重量 320g 250g 268g 215g 313g 57g
特長
中型ホール 非貫通型 ヒダ構造
中型ホール 非貫通型 イボ構造
中型ホール 非貫通型 構造その他 生産終了
小型ホール 非貫通型 構造その他 生産終了
中型ホール 非貫通型 ヒダ構造 生産終了
小型ホール 非貫通型 ヒダ構造
価格 2,080円 1,670円 1,550円 1,560円 1,480円 380円
発売 1990年 2005年6月 2009年11月 2009年11月 2010年12月 2011年4月
話題
評価
2.0
続きを見る
最近見たオナホの履歴
ページトップへ戻る
戻る