オナホールで早漏改善

オナホールを使う事で早漏に効果があります。

通常のオナニーでは亀頭部分に十分な刺激を与えることは難しいです。

しかし、オナホールは亀頭全体に刺激を与えることができるので亀頭を刺激に慣れさせる事ができます。

徐々に慣れさせる

いきなり高刺激なものだと刺激が強すぎてくすぐったいだけになってしまうかもしれません。

ゆるいものから初めて徐々に体に合うものを探し、徐々に慣れさせていきましょう。

亀頭に対する刺激

亀頭に対する刺激に強くなるには刺激に鈍感にさせることです。

手のみで亀頭へ満遍なく刺激を与えるのは難しいです。

まずは手+ローションで亀頭を包み込むように愛撫するオナニー方法を試しましょう。

慣れてきたらオナホールを試しましょう、高刺激なものや穴が小さいものは避けてユル系のものがいいでしょう。

オススメは「淫熟名器物語」です。

単純にユル系ホールの中でも特にユルいとされているので、長時間プレイに向いています。
何度かやってくる波を肛門に力を入れてかわしつつ刺激に慣れるようにします。

締め付けに対する刺激

締め付けに対する刺激は調節が難しく、ここの改善に悩んでいるという話を良く聞きます。

手っ取り早く効果的なのは自作で締め付け用の道具を用意する方法です。

具体的には「幅広の輪ゴム」をオナホールに巻き付けることで締め付けを調節します。

肉厚で太めのホールを選ぶと調節させやすく、「名器の品格」のような溝があると輪ゴムを掛けやすいです。

もう一つ手軽に全体的な圧を掛けられて効果的なのが「ペットボトル」です。

これは500mlのペットボトルを輪切りにしてホールに装着させます。

太さ的に装着できるホールは限られますが、日本人の標準サイズなら上に挙げた「淫熟名器物語」が使いやすいサイズです。

ペットボトルを使う方法はボトルの形状の違いによる変化なども付けられオススメですが、使えるホールが限られることと、男性器が太い人は使えない可能性があるのが難点です。

無理をし過ぎない

射精を我慢し過ぎると体によくありません。

改善をしたいという気持ちから体に負担をかけてしまい、雑菌が尿道に残ったままになってしまったりという事も考えられるので、
無理をし過ぎず少しずつ改善を進めましょう。焦りは禁物です。