オナホールの固定方法

手で持って使うハンドホールを固定する方法を解説します。

据え置きタイプではないオナホを何らかの方法で固定させ、セックスの様に腰を振りながらのオナニーは手で動かすのとは全く違った刺激を楽しめます。射精時に敏感になりすぎて手だとオナホを動かせない、という問題も腰だと打ち付けるように動けるので手よりは少しだけ快感を長く感じれると思います。

ただ固定させると言っても、本体を取り囲むように圧が掛かるので自然な形で全体の締め付けが強くなります。手で持つと一部分だけ締め付ける(握る)ような感じになるので、それだけでも一度は体験してみてほしいです。

基本的には「ドール」か「専用アイテム」を使うのがオススメですが、まずは試してみたい!というなら身近な物で腰振りを体験してからの購入でも遅くはないでしょう。

エアドールで固定

人型をしたエアドールを使って固定する方法です。

スタンダードかつ人気も高い方法です。人型なので当然「オナニーをする」よりも「セックスをする」という意識の方が強くなります。その気持ちを高められるように各種ドール用の衣装やウィッグなども販売されています。

オナホの装着方法は、ドールの股部分に穴が開いているので装着してから空気を入れて膨らまします。作り的に締め付けの調整が難しいので大きいめのホールとは相性が良くないものが多いです。

定番は「ラブボディシリーズ」と「宇佐羽えあ」、価格帯は1,500円〜3,500円前後。

固定することでセックス感を出したい人にオススメ。

ラブボディシリーズ

シリーズ第1弾となる「ラブボディKumi」が発売される以前のエアドールは「ドールっていうか空気嫁?」という造形のものでした。それをA-ONEが「もっとリアルな造形で作ろうぜ!」と発売したのがこのラブボディシリーズです。

シリーズというくらいなので沢山出てます(10種類を超える)。

それぞれ膝を折り曲げてたり、直立していたり、ボディ部分のみだったり等、ポーズと体型が違うので用途に合わせて選べばいいです。一応このシリーズを有名にしたのは「ラブボディAki(頭部なし)」というドールです。人気があったため頭部が付いた「ラブボディAki Type-B」も後ほど発売されました。

作り込みが凄いため接合部分が少し弱いのが玉にきず。

宇佐羽えあ

Tokyo Libidoがエアドール界に新しい風を吹かせたカスタム前提のエアドールです。身長120cm (B62cm、W49cm、H73cm) と小柄なため成人女性の服は着れませんが、「マスク」「タイツ」「ウィッグ」「コスチューム」の各パーツが公式から発売されています。

共に肌色の専用マスクとタイツを装着すると透明な部分が全て隠れて一気に人感が高まるのは流石カスタム前提といったところ。髪型だけでも公式から20種類以上発売されているのでオナホを装着できる「カスタム俺の嫁」ような存在です。当然本体だけでもオナホ固定という目的は十分に果たせます。

フルカスタムすると結構お値段が掛かるのが怖い……
(買ったら自分好みにしたいよね!)

専用アイテムで固定

人型ではない専用の固定アイテムで固定する方法です。

空気で膨らませるタイプとそうでないタイプがあります。どちらを選ぶかは好みでですが、名前に「ピロー(pillow、枕)」と付くものは枕くらいの大きさです。固定もできますが手に持って使うこともできるので単純に圧を強めて使いたい場合にも便利

価格帯は1,500円〜4,000円前後。

ウレタンヒップ

大手アダルトグッズサイトNLSが企画制作するブランド「RENDS」がユーザーの声を取り入れて作り上げた固定用アイテム。大型オナホの穴部分をくり抜いた形になっており、素材にウレタン材を使うことで手頃な価格を実現。

このサイズの大型オナホなら重さ5kgくらいになりますが、素材の恩恵で約850gと非常に軽量です。開いた穴に手持ちのオナホを突っ込んで腰を振るだけ!空気入れたり面倒は一切なし!というシンプル設計です。

ポッカリと開いた穴は調節ができないため、細身ホールの場合は付属のスポンジシートを巻き付けて、ある程度の太さにしないとスカスカで固定できないのは仕様上仕方ないが面倒。その代わり、穴は大きめに作られているので太いオナホもほぼ使えます。

ホッパッピロー

独自オナホとグッズを開発するホットパワーズからもいくつか固定専用アイテムが発売されています。筒型の「ホッパッピロー」、尻型の「ホッパッピロー2」、筒型に取っ手を付けた「取っ手もホッパッピロー くるりん」があります。

どれも空気で膨らませるタイプです。

「ホッパッピロー&くるりん」は手持ち使用がメインで、全長も約30cm程度なので固定用品というよりは「パワーアップ用品」のような感じです。筒状なので前後の穴を使い同時に2本のオナホを固定することができます。装着部分は口径に余裕があるのでかなり太めのオナホでも装着できます。

「ホッパッピロー2」は据え置きオナホの大きさをした尻型の固定グッズです。このタイプでは業界初の二穴(膣+アナル)になっています。穴は2つありますがアナルの方が狭いです。上手い使い方としてはアナル側にローターを入れてみたり、動物のしっぽを付ければケモノプレイとして使えます。

ピローと付いてますがどれも抱き枕カバーを使うには小さい。

抱き枕に固定

抱き枕カバーを被せて使うのではなく、抱き枕に直接固定する方法です。

タオルを敷けばそのままでも使えそうですが、ローションや精子が垂れると悲惨なことになるので、抱き枕を抱きついてガッツリ腰を振りたい人はピローハガー強くおすすめします。

ピローハガー

大人のおもちゃ通販大魔王が手がけるブランド「TOMAX」からユーザーニーズを汲み取る形で発売された汎用性の高い固定グッズです。

空気を入れて膨らませる本体に2本のベルトを付けることで、枕型ではなく抱き枕そのものに縛り付けることが出来るのは画期的なアイディアです。オナホ装着部分も大きく取られているので太めサイズも余裕です。

挿入側の下部に透明のシートが付いているのもよく分かってる。何かに縛り付ける前提ということは、そのまま使うと縛ってるものにローションが垂れると。シートを広げておくと直接垂れずにシートが受け止めてくれるわけです。

既に抱き枕を持ってる人は資産を活用できるので超オススメです。

身近な物で固定

あまりオススメしませんが、とりあえず腰振りしてみたい!という人は座布団と布団(座布団が無ければ布団だけ)を使って簡易的に固定できます。

ホールを座布団に挟み、その上からベルトで縛ります。その上から布団を巻き付ければ完成!という非常にシンプルなものですがしっかり作れば専用品には負けますがそれなりに良い働きをします。

ローションが垂れると非常に面倒なので、オナホを挟む部分にあらかじめバスタオルを被せ、その上からオナホを挟みます。外に出たバスタオルを上下左右に広げておくことでローション被害を食い止めます。

餅は餅屋という言葉があるようにオナホ固定は固定グッズを使うのが一番です。腰振りを試して気に入ったら是非固定グッズにも挑戦してみてください。