オナホを使うと遅漏になる?

「オナホールを使うと普通のオナニーやセックスでイケなくなる?」

初めて使う人からこういった質問や不安をよく聞きます。ところが、実際は知識の無い状態での手淫(手でオナニー)の方が遅漏になる危険は高いのです。それどころか、オナホールを上手く使えば遅漏の改善にも役立ちます。

オナホールを使う前は遅漏気味でした……

そんな当サイト管理人が、オナホールを使ってどのように改善したのか説明していきます。

遅漏になるオナニー

皆さんはどのように手でオナニーしていますか?

亀頭を扱きながら?それとも皮を上下に動かす皮オナ?はたまた床に押しつける床オナ?

実は皮オナと床オナは遅漏になるリスクがかなり高いです。皮オナをやり過ぎると、亀頭はくすぐったいけど竿は鈍感という状態になり、床オナをやり過ぎると、圧迫された状態でなければイケなくなります。色々な所で言われていますが、特に床オナは射精障害になりやすい危険なオナニーです。

手でのオナニーを長時間続けると、皮膚と皮膚が擦れることで鈍感になり、繰り返すことで皮膚も厚くなり、その状態でイクために強く握るようになります。オナニーの知識が無い頃から圧迫して動かすと気持ちいいことを覚え、そのまま続けている人も多くいます。そして自分以外の人に触られ「あれ!?全然気持ちよくない!!」となった時には既に遅し、「膣内射精障害」というわけです。

でも大丈夫。人間は慣れの生き物です。徐々に慣らしていけば感度良いペニスを手に入れることができます。皮オナ派だった管理人もここからスタートしたのです。

オナホ選び

遅漏の場合は、オナホールで早漏を改善するに書いてあるほど気を付けて選ぶ必要はありません。

目的は少ない刺激で射精へと達することなので、使うホールは好みで決めても大丈夫です。気を付ける点としては、明らかに締め付けがキツいものや高刺激を謳っているものは避けてください。最初に張り切ってユルユルなものを買った結果、何も感じなくて射精できずに終わった経験からのアドバイスです。

オナホールへの挿入後の動かし方にもコツがあります。

大きなストロークではなく、ほんの少しずつ、小さく動かすしていきます。鈍感になって感じ取れなくなった刺激を探るようなイメージで、与えられた刺激に意識を集中します。可能ならオカズも普段見ているアダルトビデオよりも想像の方がいいです。とにかく意識をペニスへ集中するのです。

と、ここまで書いたものの、極端に激しい刺激のオナホールを使わずに、徐々に刺激の弱いものに切り替えていけば、気付いた頃には敏感ペニスになっていることでしょう。個人的な目安としては、半年もすればゆる系と呼ばれているものの方が好きになると思います。

まとめ

オナホールで遅漏になるは間違いです。

締め付けの弱いオナホールを使い、なるべく小さく動かして刺激を感じ取る、これを繰り返していけば自然と感度は上がります。

逆に手を使った強引なオナニーを続けると遅漏になる、酷ければ「膣内射精障害」になるので、そちらの方こそ注意するべきです。特に現代はオカズが溢れかえっているので長時間オナニーになりやすい傾向があります。

自分に合うホールを見つけて上手く感度を高めていってください。

ページトップへ戻る
戻る