メンテナンスや保管方法

オナホールを長く楽しむための洗浄のやり方、保管方法などのメンテナンスについて解説します。

使い捨てではないオナホールは、洗浄して使うことで何度も繰り返して使う事ができます。メンテナンスを怠れば傷みによる劣化も早くなるため、気に入ったホールはなるべく良い状態で保存することをオススメします。

使用後は洗浄する

使ったら洗う!(面倒だけど)

衛生面を考えても使用後は洗って保管するのが基本です。水やお湯で精液とローションを使い、ヌルヌル感が無くなるまで洗い流します。複雑な構造や入り組んだヒダは念入りに。この時、熱湯など温度が高すぎるとホールが溶けたりするので注意

大きく分けると裏返して洗って大丈夫なタイプと裏返せないタイプがあります。裏返し洗浄OKを売り文句にしているオナホもありますが、メーカーの基本姿勢は裏返し非推奨、ものによっては裂けるので。特に挿入口が細いものや、ハリのある素材は注意してください。もちろん据え置き型などは裏返し不可能です。

コンドームと水洗い不要ローションを使って後処理を楽にする方法もありますが、保管を考えると洗い流すくらいはした方がいいでしょう。

裏返し可能なオナホ

挿入口辺りから徐々に裏返して大丈夫かどうか確認し、いけそうならグイッといきます。で、そのまま洗う。ここで超重要なのが裏返したまま放置しないということ。裏返し可能なオナホでも裏返したまま放置すると高確率で裂けます。

裏返し不可能なオナホ

裏返せないオナホは、シャワーを注ぎながら指を突っ込んで洗うしかないです。洗いにくいので念入りに。中には強引に裏返す人もいますが、どうしても寿命は縮まります。オナホの命を削ったとしても手間をかけたくない!という人も、最初は少しずつ試してみてください。何本か裏返し洗浄でオナホを破壊すると大丈夫かどうかの勘が掴めます。

洗浄後は乾燥させる

洗ったら乾かせる!

濡れたままの自然乾燥は絶対に避けてください。水が蒸発する時に表面の水分を奪っていくのでオナホが痛みます。まずはザッと水分をふき取り、その後で入り組んだヒダ部分の水分を拭き取ります。

ホールの構造によってどこまで念入りにするかは変わってきますが、中が乾ききらないと雑菌が繁殖してしまう可能性があるため、可能であればドライヤーを冷風にして風を送って乾かします。それでも気になる場合は、使用前に改めて洗ってから使ってください。

((ふき取り棒の画像))

こういった専用の「ふき取り棒(ホットパワーズオリジナル商品)」を使うと拭きやすいです。特に夏場でしばらく使用せずに長期保管する場合は念入りに乾燥させましょう。特に据え置き型や裏返せないオナホは、手間を考えると専用のメンテナンスグッズを買ってもお釣りがきます。

オナホナビ的なオススメは消毒用エタノールで軽く拭くです。500mlで350円くらいで買える消毒用エタノールをタオルや布に付けて内部を拭き取ります。少量であればすぐに蒸発するため、中が乾燥させにくいオナホの雑菌繁殖防止に最適です。

パウダーでサラサラを保つ

面倒ならしなくていい!(すると長持ちする)

購入してすぐのオナホールは、サラサラした肌触りになり乾燥を防ぐパウダーがまぶされている事が多いです。なるべく長く使いたいのであれば使用後にパウダーをまぶすことでベタつきと劣化を抑える効果があります。面倒なのでやらない人も多いですが、この一手間をかけると寿命は伸びます。

((ベビーパウダー画像))

性能・コスパ共にベビーパウダーを使うのがオススメです。オナホとパウダーを袋に入れて振り回して全体につける方法と、パフが付いているタイプであれば刀を手入れするようにポンポンとパウダーを付けます。パフを使うのは結構面倒なので適当にガッとまぶしても何とかなります。

((オナッシュト画像))

パウダーがスプレー状になった専用商品「オナッシュト」というものもあり、これを使えば手間無くサラサラにできます。もちろんコスパはベビーパウダーの方が優秀なのでここら辺は財布と相談ということで。

保存時は袋に入れる

保存する袋が重要!

オナホの柔らかさは油分からきています。それをいかに失わずに保存するかが重要です。間違って段ボールの上に置いてしまうと10分も経たずにどんどん油分が吸い上げられていきます。そのため袋にはこだわりましょう。

一番手軽なのは買った時に入っている袋に入れて保存。ついでにベビーパウダーも放り込んでおくとサラサラ感もキープできます。難点はチャックなどが無いため完全にガードできないところ。袋のサイズがギリギリで出し入れしにくいものもあります。

((収納袋の画像))

こんな感じの専用の収納袋を持っておくと便利です。大人のおもちゃ用の保存袋は、不織布製(使い捨てマスクと同じ素材)で遮光性と通気性が高いため流石専用商品といったところ。中身が見えないのも誰かに見られた時を考えると安心です。価格も1袋150円〜200円程度、オナホを買うときに一緒に買っておけば何かと役に立ちます。

不織布製の袋は100均にもありますが、サイズが正方形だったり生地が薄くて使いにくいのでオススメしません。

まとめ

メンテナンスや保管方法の重要なポイントは2つ。

  1. 内部で雑菌を繁殖させない
  2. 油分を保つため本体を守る

この2つを守れば大体大丈夫です。

性器サイズや相性の問題で、半年もつ人もいれば数回で壊れる人もいます。それは仕方がないことです。気に入ったオナホを見つけた場合は、少しだけ手間を掛けてメンテナンスしてあげてください。

ページトップへ戻る
戻る