オナホールレビュー

ぐちょ濡れ名器モンスターG

ぐちょ濡れ名器モンスターGのパッケージと本体

マジックアイズから発売されている「ぐちょ濡れ名器シリーズ」の第三弾となる、二重構造を採用したリアルスパイラルオナホール「ぐちょ濡れ名器モンスターG」を使ってみました。

シリーズ展開が上手いことで有名なマジックアイズが、長年育てているシリーズなのでハズレは無いと信じて。細身なので肉厚さには期待できなさそうですが、果たして「G級」のポテンシャルをどこまで発揮しているのか!?

続きを読む

くノ一淫法 触手裏剣

くノ一淫法 触手裏剣のパッケージと本体

ホットパワーズから発売されている新しいヒダ革命オナホ「くノ一淫法 触手裏剣」を使ってみました。

世界初!サオ舐め六枚触手!のキャッチコピーの通り、6枚の大ヒダが特徴のシンプルな非貫通ホールです。例によって「もっちりノーマル/ねっとりソフト/ブラックハード」の3種類の柔らかさがあるため、どれにするか悩みますね・・・今回は「ソフト」と「ノーマル」のレビューです。

続きを読む

ふわちつイボリューション

ふわちつイボリューションのパッケージと本体

RIDE JAPANのふわトロ素材ソフティータッチを使用した無次元イボ系オナホ「ふわちつイボリューション」。イボをメガ進化させたらどうなるの?を実現したような、イボリューションという名前からも分かるイボへの圧倒的こだわりを感じるオナホールです。

続きを読む

名器の証明006 顔如憶 檳榔西施(イェン ジュ イ ビンランシースー)

名器の証明006のパッケージと本体

N.P.Gの定番「名器の証明シリーズ」の第6弾目となるリアル系オナホール。前作は中国のネットアイドルを採用しましたが、今作は台湾でカリスマ的な人気を誇るビンロウ売り「顔如憶(イェン ジュ イ)」とタッグを組んでやってきました。相変わらずの高級オナホ路線、果たして気持ちよさやいかに!?

続きを読む

おさないひなの★くちまんこ

おさないひなの★くちまんこの本体とパッケージ写真

ホットパワーズから発売されている正式名称が長すぎることで有名なフェラホール「おさないひなの★くちまんこ」。フェラ好き以外は帰ってくれ!という強気な姿勢で、リアルさを追求したマッタリ系フェラが特徴とのこと。ユル系好きにも合うのではないかと期待が高まります。

続きを読む

極フェラ2【即尺バキューム】

極フェラ2【即尺バキューム】のパッケージ写真

A-Oneから発売の極フェラシリーズ第二弾となる即尺バキュームフェラホールです。前作から思ってましたが、制作者は間違いなく「即尺にこだわりがある」ことは間違いないと確信を持てます。即尺のA-Oneの実力、見せていただきましょう。

パンツを脱いだら2秒でフェラチオ!男の憧れです。

続きを読む

極フェラ【即尺ディープイラマチオ】

極フェラ【即尺ディープイラマチオ】のパッケージ写真

A-Oneから発売されているフェラホール。アヒル口が特徴な外観と、リアルなフェラチオ感を再現したという内部構造で、極フェラシリーズの礎となるオナホということで試していきたいと思います。

コンセプトは「即尺ディープイラマチオ」です。オナホなんだから常に即尺だろ・・・と思ったりもしますが、ペニスがムクッとくる感じの響きなのは間違いありません。即しゃぶらせる、良い響きです。

続きを読む

こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所

こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所のパッケージ

EXEから発売されている「こち亀」っぽい名前のロリ系オナホール。小路あゆむ氏が手掛ける「柊アリステルちゃん」をイメージキャラクターに採用した、二重構造のキツ系オナホです。未発達な少女を再現していますがモデルはもちろん18歳以上、これ世界の常識。ちなみにこち亀要素は皆無です。

穴も狭くて見るからに刺激も強そうなので、トロトロ熟女おまんこ派の私としては、いささか心配ではありますがやっていきましょう。

続きを読む

ないしょのついんてーるず!【笹倉さな】【笹倉かな】

ないしょのついんてーるず!【笹倉さな】【笹倉かな】のパッケージ

ロリ系漫画家・イラストレーター“あかざわRED氏”が監修し、老舗グッズメーカーN.P.Gが発売する、ロリコンのロリコンによるロリコンのためのオナホール。外観のディティールにこだわり、付属グッズも多い、ロリ系オナホの開拓者とも言えるかなり攻めてるオナホです。

「笹倉さな」「笹倉かな」の2タイプ同時発売で、共にキツキツな内部が特徴という完全にマニア向け仕様です。

続きを読む

ふわトロめいき

ふわトロ名器のパッケージと本体

ラブクラウド(WINS)から発売されている超ゆる素材のやわらか低刺激オナホール「ふわトロめいき」を使ってみました。低価格ながら肉厚なボディと包み込むような素材の柔らかさが特徴ということで、ゆる系好きとしても期待が高まります。

ピュアスキン素材を初めて採用したオナホですが、予想以上に売れたらしく、以降のラインナップやユル系の流れに影響を与えたオナホだということもあり、使わずには死ねない!と食い気味に挿入していきましょう。

続きを読む