まだ名前がありません

「まだ名前がありません」の外観
種類
オススメ度 ★★★★☆ オススメ
価格帯 ¥2000〜3000
メーカー RENDS
サイズ・形状 中型ホール / 非貫通型
刺激 普通の刺激
特徴 イボ加工 / ヒダ加工

NLS(RENDS)がトイズハートとコラボして、人気オナホのセブンティーンをベースに作ったオリジナルオナホです。

最初は試作品として名前が付いていなかったので「まだ名前がありません」として公表されましたが、その名前で定着したためずっと同じ名前で売られています。名前が無いのが名前、個性、失っていきましょう。

販売ページには「※商品名・パッケージは(仮)です。ほかに類を見ない共同作品ですので、名前もパッケージデザインも皆さまと一緒に決定させたいと考えています。」と書かれてますが、何年経っても決まりません。

利根川「我々がその気になれば金の受け渡しは10年20年後ということも可能だ」

決める……決めるが……我々がその気になれば命名は10年……20年後ということも十分に可能

「まだ名前がありません」を出て持ったところ 挿入口と非貫通部分の写真

外観はあの初代人工マ○コと呼ばれたセブンティーンとほぼ同じでサイズが一回り大きいです。

NLSでしか買えないので試したい人はそちらから購入を。

使い心地

外側はモチモチ素材、内側は外より少しだけ堅めの素材ですね。

とりあえずローション垂らして馴染ませてみます。挿入前の印象はちょっとゴリゴリするかな?という感じでふんわり包み込まれる系ではなさそうなのが伝わってきます。

で、挿入。

挿入口を指で広げた写真 縦に切り込みを入れて内部を観察

セブンティーンよりは少しだけ大きくなりましたが挿入口は相変わらず狭いですね。

大きさと二重構造素材の色が違うので間違えることは無いと思いますが、内部構造は全くの別物です。

メインは縦ヒダの刺激です。挿入口から少し先上部にあるイボ群が良いアクセントになってます。横ヒダの最奥のドームは空気を抜いてバキュームを高めるために使います。各ギミックのバランスは良い感じ。

締め付けとバキュームが結構強いので刺激はそこそこあります。

「まだ名前がありません」を縦半分にカットした写真 半分に切った「まだ名前がありません」の内部を指で広げた写真

内部素材の色がグロいので進撃の巨人の筋肉部分を連想する人がいるかもしれませんがもちろん関係はありません、オナホです。むしろ筋肉オナホとして……

縦ヒダがペニスに押さえつけられてる感覚が強く、動かすと少しだけゴリゴリ系が混じった刺激に包まれて気持ちいいです。でも個人的にはちょっとキツいかな?強めに扱くとすぐにイキそうになるので調節が難しい……ノーマネーでフィニッシュです。

エアドールとの相性はかなり良いです。内部の縦ヒダを掻き分けて進む感じが味わえるので持っている人は是非装着して使ってみほしいです。

感想

名前が無くとも記憶には残るオナホ

挿入口の狭さを除けば全体的に完成度は高いですが、主流のゆる系ホールと比べると刺激は少し強めなため、包み込まれるような刺激を求めている人には合わないかもしれないです。価格も¥2,500円前後と手頃で、個人的にはセブンティーンよりはこっちの方が好きです。

内部素材はもう一段階柔らかいのを使ってみたいので「まだ名前がありません2」の開発に期待。

ネットで買える取扱ショップ