名器の品格(下付き)

名器の品格(下付き)桐箱パッケージ
種類
オススメ度 ★★★★★ 超オススメ
価格帯 ¥5000〜¥10000
メーカー N.P.G
サイズ・形状 大型ホール / 非貫通型
刺激 ゆる系
特徴 リアル加工

N.P.G.が開発した歴史を変えたオナホの「下付き」バージョンです。

上付きと2種類同時発売というポケモンも真っ青の販売方法をオナホでおこなったわけですね。折角なので両方使って違いを確かめてみたいと思います。無次元系という新ジャンルを開拓した実力を試させていただきます。

と、いうわけで上付きとの比較レビューです。下付きウツボット、捕獲していきましょう。

共通部分や基本的な説明は「上付き」の方に書いたので詳しくはそちらをご覧ください。

「名器の品格(上付き)」のレビューはこちらから

上付きはそんなに上の方に付いてないのに(リアル性器にはクリトリスとかがあるからね)、下付きは穴が結構下の方に付いてます。正常位で挿入するなら「もうちょっと腰浮かせて?」とか言ってしまうかもしれない位置です。

色々な人の意見を聞くと、上も下も共に良いという意見が多いので楽しみです。

使い心地

重さや長さはどちらもほぼ同じなので肉厚で気持ちよさそうなのも同じです。

名器の品格(下付き)の外観は溝が浅い
名器の品格(下付き)の挿入口を広げたところ

穴以外は同じかと思いきや、ボディの溝の深さが違います。

こちらの方が浅い?というか盛り上がったラインが入っている感じです。特に持ちやすさが変わるということはありませんが、個人的には上付きのなだらかで軟らかそうなボディラインの方が好きです。そっちの方が優しく包み込んでくれそうだし。

上付きと比較できるように同じサラサラ系ローションを使っていざ挿入。

挿入した瞬間に「オナホールという名の性器……」というフレーズが脳内を駆け巡る!!この感覚はやはりリアル系オナホの醍醐味でしょう。手で無理矢理強く握って高速で扱くオナニーとは一体何だったのか……

品格(下付き)の断面図
開いて内部構造が露出した品格(下付き)

内部構造もほぼ同じ作りですが、穴の位置が違うことで圧が掛かるポイントが変わって違う刺激を感じるようになっています。角度的な関係で吸盤上の大きなイボ(Gスポット?)のコリコリ感が減ってますね。これにより上付きより更にマイルドに感じます

上付きにあった上下から肉で挟み込まれる感触というよりは、上からググッと軽く押さえつけられた状態で肉ヒダを掻き分けて進むような感触が強いです。これはこれで気持ちいい。ゆる系好きにはかなりオススメです。

奥をグイグイと突くような動かし方で気持ちよくフィニッシュ。

ノーマネーでフィニッシュです。

感想

上付きと双璧をなす革命的オナホ

どちらを買うか悩む人が多いと思いますが上付き買うか下付き買うかは直感で決めて良い程度の差です、というよりどちらも良いので。気に入ったら両方買えばいいんです。

この構造なら手で持って使うよりドールに装着して使う方が違いが出ます。個人的には手で持って使うなら上付き、ドールに取り付けるなら下付きがオススメです。挿入位置が結構下になるのでドールの腰を浮かせたり、バックの体勢の方が良いかもしれません。

このホールくらい大型のものになると、エアドールのオナホ取り付け口に入らないものがあるので注意。「大型ホールも装着可能」「名器の品格も付けられます」みたいな表記があるものを選ぶ方がいいでしょう。比較的新しめのドールであれば大体着けられると思いますが。

時代が流れてもやはり定番オナホに挙げられる名作ですね。

ネットで買える取扱ショップ