初々しい妹

姉妹揃ってオナホ化してしまった「初々しい妹」と「色っぽい姉」の妹の方です。刺激系の姉と比べてゆる系の妹は名器と言われていますね。密着系ヒダイボのスパイラルは射精能力高そうです。

個人的にあまり若々しい系のオナホには惹かれないんですが、パッケージが良い意味で期待を裏切ってくるパターンもありますからね。小遣い与えて懐柔していきましょう。

こちらも2015年の中頃にパッケージが変更されています。

初々しい妹の旧パッケージ

ええと、同級生かな?あれっ、もしかして空手とか習ってる?と思わず聞いてしまいそうな見た目ですが、乳首が浮いた乳バンドは新パッケージにも継承されているようですね。姉は旧パッケージが好みですが妹は新パッケージの方がイメージに合ってますね。

いや、旧妹も好きだよ、イメージと違うってだけで。

使い心地

こちらも姉と同様にサラサラ系素材「セーフスキン」を使っています。「厚生労働省:食品衛生法基準第370号基準素材使用」という早口言葉も裸足で逃げ出す安全性です。軟らかいけどふにゃふにゃではない!こういう適度な弾力は万人受けしそうです。

初々しい妹の外観
初々しい妹の挿入口

外観は姉と同じで大きめな切り込みがあって、その中心に穴があります。挿入口が大きめに作られているのは悪くないです。外からも入り口付近のイボが見えてるのは高評価。今からここに挿入する!という気持ちが高まるのでいいですね。入り口のイボは奥のものより小さいのかな。ツルツルよりはローション漏れ防止にも役立ちそう。

個人的に挿入口の大きさは重要なポイントです。

まったり系ということなので普通粘度のローションで挑戦。

初々しい妹の挿入口を広げた画像
入り口から中盤まで広げたところ

入り口からスパイラル加工された「イボ」「ヒダ」が続き、奥に「イボドーム」という構成で進入者を迎え撃ってきます。大きな突起などはないので全体的に均一な刺激ですが、小さなゴリゴリ感というか、聞いていたよりは素材の弾力とイボの主張が激しい感じ。ヒダも初使用だとしっかりとした存在感を感じる。ただ、これらの刺激は使い込んで馴染むと全く違う印象になると思われるのですぐに使用を止めるのは早計。

最初だけは軽いスパイラル加工、それ以降はゆるいウェーブになっているため、全体的に見るとそこまで複雑な内部構造ではないです。しっかりバキュームを効かせればかなり密着するので十分気持ちいい。ストロークは小さめに動かすと裏筋辺りから締め上げられるのでオススメです。

どちらかというと亀頭周りへの刺激を感じやすいので覚醒が楽しみになりましたね。

初々しい妹に切り込みを入れて開いてみた
初々しい妹の断面図

縦に隆起した部分をどこに当てるかによっても印象が変わるので色々回転させながら使うのもよし。個人的には裏筋に合わせるのが好きです。

先端のイボドームが包み込む感じで気持ちいい。

ドームに亀頭を突っ込んでぐりぐり押し当てながらの射精。こういう作りだと抜く時に敏感になりすぎてアヘるので引き抜く時に躊躇してしまいます。意を決してグイと引き抜いて終了。

感想

初々しくない妹がオナホになりました

「初々しい妹」という名前とは裏腹に数々の男をイカせてきた名器。まぁ好みなんで万人共通ということはないですが姉よりは好きな人が多そうなマイルド系オナホという印象です。こういうのを交互に使うと自分の好みがハッキリします、本能で分かる、ペニス嘘つかない。

覚醒覚醒と言われていますが、確かに使い込んで覚醒すれば化けそうです。覚醒したらローションは粘度の低い薄めのものに変えると更にマッタリ感がアップするんじゃないかと思います。そうなると完全に慣れた熟女の名器みたいになりそうですが。

あとパッケージは好みが分かれそうなので食わず嫌いするのはもったいないかなと。

この価格帯のオナホとしてはかなり優秀です。

ネットで買える取扱ショップ